FC2ブログ

8月の撮影―路面電車、ユーロスター、国鉄色リバイバル

8月には他にも色々鉄道写真を撮ってきました。旅行先でちょろっとカメラを構える以外、本腰を入れた鉄道写真撮影は多分最後になったと思います。今回の記事も一昨日に引き続き鉄道ネタです(笑)


【1. 路面電車(トラムリンク)】

s-P3520459.jpg
ロンドンに路面電車が走っているというのは、あまり知られていません。それもそのはず、クロイドンという都心から離れた南部を走っており、近くに観光地があるわけでもないので、旅行者が乗るような路線ではないのです。

s-P3520454.jpg
車両は2種類…2000年の開業時から使用されているCR4000形と、2011-16年に製造されたこのVariobahnの2種類があります。Variobahnの1編成にはラッピングが施されているらしいですが、残念ながら私が行った時にはお目にかかれませんでした。

s-P3520552.jpg
殆んどの区間が専用軌道ですが、クロイドンの中心部は併用軌道となっています。なお、クロイドンは昔から治安が特に悪いことで有名で、2011年の暴動では多くの建物が破壊されました。今回は家族連れで賑わう日曜の昼下がりに出かけたので、さほど危険を感じることはなかったとはいえ、場所によっては特に注意が必要という印象を受けました。

s-トラム到着
以前イギリスに住んでいた頃、まだ開業間もないトラムリンクを見に行った時に写真を1枚撮っておりました。当時は赤が基調の塗装で、前照灯の形状も違ったことが分かります。ちなみに、左に写っている2551号車は、2016年の脱線事故により休車となっています(損傷著しいことから、捜査終了後に廃車となるでしょう)。


【2. ユーロスターの撮影】

ユーロスターは、恐らく世界で最も有名な列車の1つ。イギリスを代表する存在でもあり、帰国までに絶対に撮っておきたい被写体の1つでした。ユーロスターが走るHS1線は新幹線みたいなもので、撮影地が非常に限られます。更に、国際列車故に出入国管理の都合上ホームにはむやみに入れてもらえませんので、Ashford国際駅からバスで40分以上かけてこの跨線橋までやって来ました。

s-P3520717.jpg
2015年に登場した最新鋭のクラス374電車。ユーロスターはロンドン⇔パリ・ブリュッセルを中心に、リヨンやアムステルダムなどに直通する列車もあり、大半はこのクラス374が担当します。将来はドイツに乗り入れる計画もあるようですが、EU離脱で頓挫…までいかなくても大幅な延期になりそうな予感。

s-P3520706.jpg
初代ユーロスターのクラス373電車は、多くが廃車又は国内線転用(→休車)という憂き目に遭っているものの、一部はリニューアル工事を受けて運用に就いています。しかし、今回は7本撮ったのに旧型は1本だけしか姿を現さず、ちょっと残念でした。いや、1本でも来ただけマシだと考えるべきでしょうか。

s-P3500437.jpg
国立鉄道博物館に展示されている旧塗装のクラス373。ユーロスターといったらまさにこの黄色い塗装で、私が子供の頃に乗ったのもこれでした。一応本線に1,2編成残っているらしいですが、もうほとんど全滅も同然。静態保存車両で満足するより仕方なし(笑)

s-P3520698.jpg
待っている間に、日本の鉄道車両メーカーが初めてヨーロッパに輸出した、日立製のクラス395電車も撮ることが出来ました。Ashford以西はユーロスターと同じHS1を走り、この区間では在来線を走行します。


【3. ブライトン近郊の旧型電車】

南部Brightonにはクラス313電車が走っており、うち1本は国鉄色に復元されています。出来たら一度撮ってみたいなーと思いつつそのままだったのですが、先日は良い運用と良い天気に恵まれたので、早起きして足を伸ばしてきました。

P3520790.jpg
クラス313電車は1976年に登場した、ブリテン島で定期運用に就く車両としては最古の存在。ロンドン近郊の通勤路線でも運用されていますが、廃車が続出して全廃間近。でも、Brighton近郊では未だに結構な本数が走っています。

P3520797.jpg
こちらが登場当時の原色編成で、クラス313のトップナンバーでもあります。リバイバルカラー自体が大変珍しいこの国において、編成全部が復刻塗装というのはほとんど例がありません。ただ現在は、色弱者でもドアを識別出来るよう措置を講じることが規則により定められているので、厳密に言うとドアの塗り分けが当時と異なります。でも雰囲気はちゃんと出ていると思います。

クラス313の運用範囲はそこそこ広く、国鉄色がPortsmouth方面のローカル運用に入られると私は手も足も出ないのですが、Brighton近郊の短距離運用でホッとしました。本番は先行列車の遅延により対向列車に被られそうになったところ、運転士の機転で回避出来ました。ありがたいことです。


こんな感じで8月は結構色々撮りました。この1年で撮りたいものはほとんど撮り尽せたと思います。あとはウェールズ旅行で数枚撮って、この国での鉄道趣味はおしまいかな。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KHKQ

Author:KHKQ
横浜→東京→多摩→倫敦
京急を中心に広く薄く撮影
English

カテゴリ
JR (5)
検索フォーム
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
アクセス数カウンター