FC2ブログ

あずま、始動!

s-P3490749.jpg
日立製作所が製造したクラス800―通称Azuma―が、昨日(5月15日)から東海岸本線での営業運転を開始しました。この車両は昨年末にデビューする計画でしたが、誘導障害を始めとする各種の不具合を調整するために延期されていました。初日はKing's CrossとLeedsを結ぶ運用に充当され、大きなトラブルもなく順調な滑り出しとなったようです。

東海岸本線は、ロンドンとエディンバラを結ぶ重要路線で、長距離特急が頻繁に走っています。しかし、現在運行されているInterCity 125と225はそれぞれ1976年と1988年に登場した旧型車両で、最近は老朽化による故障で運休が続出。今回の新型車両の投入により、信頼性の向上はもちろんのこと、動力分散方式により加減速性能が上がったことから、最高速度は変わらなくても所要時間の短縮に繋がる見込みです。また、環境負荷の低減にも大きく貢献するそうです。

s-P3490752.jpg
40年以上にわたって第一線での活躍を続けるInterCity 125(別名HST)。編成の両端にいるディーゼル機関車が客車を挟んでいます。Azumaはバイモードと言って電気式気動車にパンタグラフを付けたような車両で、非電化区間でも走ることが出来ますから、この老兵HSTはようやく引退するわけです。まあどうせ一部は他社に転属するのでしょうけどね。
運行会社LNERによると、スコットランド北部にあるInvernessまでの長距離列車にもAzumaを投入する予定とのこと。

s-P3490746.jpg
InterCity 225は、電気機関車1両が客車を牽引又は推進するスタイル(写真は推進)。30年以上にわたって運行され、東海岸本線全線電化以来ずっと主力として君臨していますが、2020年中に全編成がAzumaに置き換えられる計画です。こちらも他社に転属する車両が出てくるだろうと思いますが、古巣を離れる日は遠くなさそうであります。


それにしてもAzumaは格好良いです。私は基本的に「顔が黄色い車両は側面が暗い色の方が良い」と思っていたのですが、このAzumaの流線形を強調する塗装は惚れ惚れする美しさです。国鉄形も悪くはないのですが、並べてみるとどうしても時代を感じてしまいますね…(時代以上に古臭く見える)。

ところで、営業開始初日に撮りに行ったというのに、撮影者は他に誰も来ませんでした。日本だったらこのホーム端にも数十人レベルで鉄道ファンが集まりそうなものですが、皆さんキングスクロスに集まっただけでこっちには来なかったようです。この駅は都心に近いくせに案外穴場でした!


(おまけ)
s-P3490738.jpg
ちなみに、Hull Trainsのクラス180気動車も、製造から20年弱ですが来年に日立製の新車に置き換えられる予定となっています。InterCityの影に隠れてひっそり姿を消しそうです。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KHKQ

Author:KHKQ
横浜→東京→多摩→倫敦
京急を中心に広く薄く撮影
English

カテゴリ
JR (5)
検索フォーム
カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
アクセス数カウンター