FC2ブログ

国鉄色の特急と他社借入による代走

昨日(5日)、国鉄色の特急を1本撮ろうと思って用事ついでに出かけたところ、予想していなかったネタが短時間で2つも網にかかりました。8日連続のダイヤ乱れの影響でしょうか、詳細は不明ですが少々珍しい代走が撮れました。

s-P3480080.jpg
King's Cross駅に入ってまず目に留まったのは、East Midlands Trains社のInterCity 125。ここのInterCityはLNER社が独占しており、East Midlands Trains社の車両はここに来ることはありません。調べてみると、LNER社が1編成まるまる借りて運用しているようです。但し、予備扱いのため毎日動いているわけではない模様。
日本で言うなら、京都の485系を「いなほ」に使うようなものでしょうか。ちょっと例が強引だったかな(笑)

s-P3470650.jpg
LNER社のInterCityは鮮やかな赤が基調の塗装ですので、寒色のInterCity 125をここで見るのは久しぶりで少し新鮮な気がしました。ただ、鉄道ファンとしては少し嬉しい代走も利用客からは不評で、Wi-Fiやコンセントが無いと不満が出ているようです。私としては、車齢40年超の旧型車両にWi-Fiやコンセントがあることに驚きましたけどネ。

s-P3480125.jpg
続いてやって来たのは、本命InterCity 125の国鉄色。Swallow Livery(ツバメ塗装)という名前で、1988年の登場から1996年までこのカラーだったそうです。デビュー30周年記念と、日立製新型車両投入による置き換えが迫っていることを受けて、先月塗り替えられました。ただ、編成全部を塗り直すことはせず、残念ながら91形機関車1両のみで編成美を損ねています。ところでヘッドライトの真ん中白く塗りつぶしてあるけど、何か見せたくないものでもあんの?

s-P3480139.jpg
入れ違いで到着した列車に何やら違和感を覚えたので見に行ってみたところ、91形ではなく90形機関車が付いていました。English, Welsh & Scottish Railwayという貨物の会社の機関車です。91形に似ていますが、全長が短いし足も遅い。本来200km/h走行する列車に最高速度177km/hの機関車を付けている時点で、定時運行を最初から諦めているようにしか見えないです。まあ比較的短距離かつ停車駅の多い運用に入っていたので、影響は少ないのかもしれませんが。
このEWS社の機関車を借りて代走させるケースは時々あるみたいです。日本で旅客列車をJR貨物の機関車が代走牽引したケースってそうそうないですけど。いやはや、なかなか面白いものですねぇ。

東海岸本線では先週来、信号等設備故障や車両故障のみならず、主要駅全体が長時間停電するなどのトラブルが頻発。遅延・運休に加えて主要駅の全列車通過など、連日ダイヤが大幅に乱れています。この日も着発線変更により混乱している様子で、旅客もスーツケースを持って走り回っていました。相変わらずイギリスらしさをいかんなく発揮しております。まぁ鉄道オタクとしては、僅か30分ほどの間に色々面白いものを見ることが出来て、ちょっと楽しかったです。特に他社車両による代走は、うんと珍しいものではないのかもしれませんが、なかなか狙って撮れるようなものではないですからね。
ちなみに、別の日にInterCity 125の国鉄色を撮ったのですが、その話はいずれまた折を見て。


<おまけ>
s-P3480135.jpg
待っている間にHull Trainsのクラス180気動車が来ていたので1枚撮ってみました。15年前の同社は白と緑のツートンカラーという結構センスの良いデザインだったのに、今ではこんな色になっちゃったのですね。一瞬グラフィティの被害に遭ったのかと思ったくらいです。180形気動車はGrand Central社の黒の方がずっと似合っていると思います。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KHKQ

Author:KHKQ
横浜→東京→多摩→倫敦
京急を中心に広く薄く撮影
鉄道趣味はお休み中…なのだが?

カテゴリ
JR (5)
検索フォーム
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
アクセス数カウンター