FC2ブログ

地下鉄の最新鋭と最古参

2018.12.2 本文加筆しました


s-P3470800.jpg
小型車両と大型車両の並走を狙うも失敗した図。夏場に再チャレンジかな。

先週末は、下手したら今年最後の快晴ということで、思い切ってカメラを持って出かけてきました。目的は地上区間を走る地下鉄車両です。ロンドン地下鉄は地上を走る区間が半分強と意外に多いのですが、撮影に適した場所はなかなか見つかりません。しかも、今は冬で影が日本以上に伸びますから、都市部での鉄道写真撮影はなかなか困難な印象。
ロンドン地下鉄にはトンネルの規格が大きく2種類あり、車両のサイズも大小の2種類があります。「チューブ」の愛称がピッタリなのは小型車両で、なかなかかわいらしい外観です。空調設備もないため居住性は最悪ですけど。ただ、1960-70年代製造の暗くて汚いボロ電車ばかりだった15年前と違って、今では新車の投入でマシになった路線も増えています。


s-P3470804.jpg
まずは、地下鉄と言うより郊外電車に近いMetropolitan線のS8ストック。前回この路線に乗ったときはA60・62ストックという古くてガタガタの大型車両が走っていましたが、S8形の投入により2012年に引退したそうな。同形は冷房付きクロスシート車両なので、なかなか快適です。ただし、なぜか最高速度は年々引き下げられています。

s-P3470814.jpg
続いてJubilee線の1996ストック。丸い屋根が非常に目立ちますね。小型車両は基本的に登場年を形式名にするので、非常に安直分かりやすいですね。前面上部を中心に傷んできています。去年から更新工事が始まったそうな。
この辺は夏場にもう一度リベンジする必要がありますね…なかなか良い場所が無い。

s-P3470828.jpg
バスで移動して、個人的に一番撮りたかったBakerloo線の1972ストックを撮影。特に思い入れがある車両というわけではないのですが、このスタイルは撮っておきたかったのです。2010年から各線で新形式による置き換えが進行した結果、今やこの1972形がロンドン地下鉄最古参となりました。1960年代後半頃流行ったスタイルですね。

s-P3470836.jpg
Bakerloo線の地上区間は、Watford直流線との共用区間になっているので、時々Overgroundのクラス378が来ます。1972形と比較すると大きさが随分違います。地上設備は大型車に合わせてあるので、1972形とはホームとの間に結構大きい段差が生じます。こういうことをやってるから、この国ではバリアフリー化が全然進まないのです。

s-IMG_9126.jpg
これ健常者でも結構怖いよ。駅構内も階段だらけだし、ホームドアはJubilee線の一部区間を除いてほとんど設置されていないし。駅員もいないから車椅子の人はお手上げですね。バリアフリー化は日本の方がずっと進んでいます。

s-P3470837.jpg
1972形の出庫便を1枚。老朽化に加えて落書きが多く、内外共に荒廃している編成が多いので、綺麗な電車が撮れるまで暫くかかりました。なお、この路線への新車投入は延びに延び、現時点で1972形は2026年までの継続使用が予定されています。5年前は2019年全廃と言っていたのに…最近延命工事を施したらしいですが、全然ボロさを隠しきれていません。

s-P3470847.jpg
帰りに少し寄り道して、Hammersmith & City線のS7ストックを撮影。2012~17年に投入された最新鋭で、S8形とほぼ同一形式ですが、編成両数と座席が異なります(こちらは全てロングシート)。かつてはCircle線・Hammersmith & City線・District線で多種多様な形式が入り混じっていましたが(追記参照)、S7形はそれらを一気に置き換え、3路線共通運用となっています。個人的に、1980年代製造のD78ストックまで全廃に追い込んだのはかなり意外でした。


こんな感じで撮影は終了。移動時間を含めて午前10時から正午までの僅かな時間だけでしたが、だいぶ楽しくカメラを構えることが出来ました。ロンドン地下鉄は世界最古の地下鉄であり、唯一の第四軌条方式であり、半円状の形状に外吊りドアと面白い点がたくさんありますので、こちらに滞在中に何回か撮りに行きたいと思っています。なお、一応事前に下調べをして慎重に行動したつもりです。昼間なら比較的まだ危険性は少ないとはいえ、治安上の懸念もあることから、観光ついでにふらっと撮れるほど甘くは無いと思います。ということで、撮影地は書かないでおきました。ま、ロンドン地下鉄を撮りたいと思う人はほとんどいないでしょうし、在住者なら書かなくても簡単に分かると思うので…(笑)


(2018.12.2追記)

外付けHDDからCircle・Hammersmith & City・District線の旧型車両の写真を発掘したので、2枚ほど貼っておきます。いずれも10歳児が撮ったもので残念な画像ですが、どうかご容赦ください。2003年9月8日、Tower Hillにて。

s-IMG_1128_20030908.jpg
Circle及びHammersmith & City線で使用されていたC69ストック。1969-70年にかけて製造された車両で、S7形の投入により2014年に全廃されました。写真はCircle線の運用に就いていた時のものですが、落書きだらけであることに加えて、行先表示機が故障してBarking(Hammersmith & City線の行先)を出すなど、状態が良くないですね。

s-IMG_112520030908.jpg
District線用のD78ストック。こちらも落書きを雑に補修した跡が目立ちます。この形式は1978-81年に製造されましたが、片開きドア・木製の床・吊り掛け駆動と、日本で言えば1950年代の雰囲気で、むちゃくちゃにボロかった記憶があります。2004-08年にリニューアル工事が施されましたが、写真は無地のアルミ車体に赤い前面の未更新車で、一昔前のロンドン地下鉄の雰囲気が残っていました。D78形もS7形の投入により、2017年に全廃されました。

こんな写真でも、一昔前の懐かしい雰囲気を思い出すには十分。特にD78形は、今の赤・青・白のカラフルな地下鉄とは違い、随分無骨で冷たいですね。よくこんなのを撮っていたなあ。帰国数日前で何でも撮っていた時期だったようです(笑)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

知らないことが多い!!

鉄道趣味始めてもう半世紀以上経ちますがまだまだ知らないことだらけ!!
新幹線や地下鉄は一応対象外、海外の鉄道も基本対象外と言いながら
定年後に海外旅行して少し見たら海外の鉄道にも魅力感じる今日この頃です。
そんなことでイギリスの鉄道ましてや地下鉄のことは全くの無知ですが、
第4軌条のことぐらい知識として知っていないといけなかったのでしょうが
今回貴兄の写真見て初めて知りました!

Re: 知らないことが多い!!

新さん

実際に住んで日常的に触れない限り、海外の鉄道に興味を持つのは難しいですよね。
第四軌条は世界でもロンドン地下鉄だけの特殊な電化方式ですし、別に知らなくても良い知識かとは思いますが、そう言われて実際の線路を見てみると面白く感じます。
プロフィール

KHKQ

Author:KHKQ
横浜→東京→多摩→倫敦
京急を中心に広く薄く撮影
鉄道趣味はお休み中…なのだが?

カテゴリ
JR (5)
検索フォーム
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
アクセス数カウンター