FC2ブログ

英国の「洗礼」

水曜日に洗濯機の洪水が発生したばかりだというのに、昨日は更に2つも厄介な出来事が起こりました。いずれもこの国ではよくある話なのですが、1週間(というか4日間)に立て続けに起きるというのは、実に不運としか言えません。



【1. ランドリーの洪水】
IMG_8757.png
これについては前回書いた通り。寮を管理する事務所からのメールも、予想外の問題が連続して途方に暮れていますという書き方をしていますね。で、「少なくとも2週間は使えない」とありますが、ここがイギリスであることに鑑みると、2週間で直る確率は0%未満でしょう。どうせ洗濯機が復活しても乾燥機が使えないか、その逆のパターンか何かで、完全復活には1か月以上かかるのではないかと思います。私はお洋服を1週間分しか持ってないんですけどぉ…。


【2. 火災報知器のトラブル】
s-IMG_8756.jpg
「明日は土曜日だ、ゆっくり寝よう」と、怒涛の1週間を思い起こしながらシアワセな気分で床に就いたのが午前0時。遅くまでたっぷり寝てやろうという考えは、就寝から2時間で早くも打ち破られました。深夜2時に突如火災報知器が鳴り響いたのです。上着を羽織り、スマホと財布を手にし、靴下と靴を履いてすぐさま指定避難場所(道の反対側)へ。この時間ですから、他の学生も当然寝間着姿でした。警報から5分余りで消防車が2台到着、暫し消防隊が現場確認をした後、2時12分頃に立入禁止は解除されました。原因は一体何だったのでしょうか。誤報か、キッチンか、隠れタバコか。

火災報知器が鳴って避難させられるのは、10日間で3回目。午後11時半に、寮のキッチンでオーブンの使い方が下手な学生が煙を出したのが1回。説明会兼講演会の休み時間に昼食をとって戻ろうとしたら、警報が鳴って20分ほど外に待たされたのが1回(誤作動)。そして今回。火災報知器の誤作動は、自動車の盗難防止装置の誤報と合わせて、この国で非常に頻繁に起こるトラブルですが、あまり気分の良いものではありません。


【3. インターネットの接続障害】
Wifi1.png
火災報知器の騒ぎ以降、寮に整備されているWi-Fiが繋がらなくなりました。この建物は携帯電話の電波の状態が悪いので、Wi-Fiの障害は結構痛い。パソコンがネットに繋げないと、資料収集や課題提出にも大きな支障が出ます。勉強自体は図書館に行けば良いのですが、ちょっとネットを見たい時にも困ります。
週明けに復旧かなと思っていましたが、今回は幸いにも日曜の午後に直りました。しかし、同じ階に住む他の学生に聞いたところ、この手のトラブルは珍しくないとのことですから、多分近いうちに再発することでしょう。

こんなこともあろうかと、私はスマホプランをO2の6GBで契約していたので、パソコンをテザリングで繋いで何とか凌ぎました。この国では日本に比べると通信環境が全体的に悪いですが、元々日本で言う電電公社の流れを汲むO2はかなり電波が良い方なので、私の部屋でも3G回線なら安定して掴むことが出来ます(LTE回線は玄関を出ないと安定しない)。しかも月6GBと、無線LANが多く整備されているこの国では過剰なほどの量の契約にしましたので、余裕を持って使うことが出来ます。とはいえ、いつまでも携帯電話回線に頼るわけにはいきません。スマホの電池がすごい勢いで減っていきますし。



一つ一つのトラブルは、イギリスでは本当によくある話。私もある程度寛容…というか諦めている・期待していないのですが、一度に全部降りかかってくるとさすがにちょっと疲れます。ちなみにこれ以外にもこの地区一帯における短時間の停電など、細かい話は色々あるのですが、いちいち気にしていると身が持たないので忘れることにします(笑)
ちなみに、イギリスは先進国の中でもかなりマシな方です。客観的にも控えめに見ても、日本には及びませんけどね。

暗い話が続いたので、来週はもう少し楽しい話題を探そう。
関連記事

コメントの投稿

頑張れ!!

出だしから試練の連続のようですが、これもまた良い経験・体験と
気持切り替えて頑張れ !!
(*でもこんな経験しないで済むならない方が良いかな!?笑)

Re: 英国の「洗礼」

新さん

しなくて良い苦労はしないに越したことはないでしょう。まあ起きてしまったことは仕方ないですが!
プロフィール

KHKQ

Author:KHKQ
横浜→東京→多摩→倫敦
京急を中心に広く薄く撮影
鉄道趣味はお休み中…なのだが?

カテゴリ
JR (5)
検索フォーム
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
アクセス数カウンター