FC2ブログ

序章終了、いざロンドンへ

s-IMG_8559.jpg
2週間にわたったケンブリッジでの準備体操も終わり、15日にロンドンへ移動しました。私にとって、2週間Cambridgeの英語学校で過ごしたというのは、英語の勉強になったのはもちろんのこと、イギリスでの生活に慣れるという点でも大変良かったと思います。昔住んでいてよく知っている町なので、ストレスも少なく適応できました。

s-P3470490-2.jpg
昨日はまずCambridgeの駅で少しだけ撮影を試みましたが、やはりここは間違いなく鉄道写真の撮影には向いていませんね。2時間いて5枚くらいしか撮れませんでしたが、以前住んでいた時によく乗ったクラス365が撮れたので満足です。
言っとくけど、良い写真じゃないのは百も承知ですよ!日本だったらもう少しマシな場所を探すところですが!

s-IMG_8562.jpg
今回は発車20分前に乗ったので、進行方向で窓際の席が取れました。Cambridgeを出て10分もしないうちに、景色は田園地帯になります。夕方になると、野ウサギが電車に驚いて跳ねる姿も見られます。
LondonからCambridgeまで速達列車なら50分足らずなのに、こんなのどかな光景が広がっているというのはすごいですね。まあ距離にすると93kmほどあり、東京から真鶴くらいだと思えば、首都から結構離れていると言えましょうか。なお、この国では普通列車でも160km/hまでスピードを出すので、日本よりも速いです。その代わり時間通りに動かないけど。

s-P3470507.jpg
King's Cross駅には2分早着という革命的偉業が成し遂げられました。で、隣のホームを見るとInterCity 225とInterCity 125が並んでいたので、思わず写真を撮ろうとしたら、奥にもう1本125が現れました。両方ともイギリス国鉄を代表する特急形車両で、この並びを無理やり日本に当てはめると、キハ181系と485系が上野駅にいるようなものでしょうか。いずれも老朽化が進んでおり、もうすぐ日立製の新車に置き換えられる予定です。

s-IMG_8571.jpg
さてさて、鉄道の話は後日改めてゆっくりやるとして、この日はまず寮へ向かいました。大学から徒歩圏内で、部屋の広さはバスルームを含めて8畳くらいでしょうか。半地下で、少々車の音が聞こえるし、何と地下鉄の走る音が数分おきに聞こえます。これには少々驚きましたが、まあすぐに慣れることでしょう。

s-IMG_8572.jpg
反対側はこんな感じで、ベッドの向こう側に洗面台・トイレ・シャワー(電話ボックス的なアレ)があります。トイレとシャワーが自室にあるというのは非常に重要です。共用トイレは先月末に泊まった学生寮で懲りました。

s-IMG_8574.jpg
キッチンは共用です。冷蔵庫が2台、電子レンジが2台(うち1台故障)、コンロとオーブンが2台ずつあります。コンロが一見IHなのですが、実際には電熱のようで、触ると火傷します。使い方がよく分からないので、今度同じフロアの学生に聞かないと。冷蔵庫は一応自分の物に部屋番号を貼ってしまっておきましたが、この寮は院生専用なので盗み食いの危険性は低そうです(少なくとも学部生よりは)。食器類やフライパンの類は一切ないので、自分で買わなければいけません。

s-IMG_8577.jpg
一番大変だったのが寝具の購入です。ベッドには本体とマットレスがあるだけで、枕も布団も何もなし。大学生協で購入できるものは、やたら高いくせに品質が最悪なので、自分で調達しようと考えました。しかし、Oxford StreetにあるMarks & Spencersでは寝具が全て売り切れ。John LewisやDebnhamsといったデパートでも、やたら薄いか大きいか高いものしか残っておらず、野宿ごっこを覚悟しました。幸い、何とかArgosでそれなりのものを見つけることが出来て、それらしい雰囲気に出来ました。それにしても、3店舗回って3店舗ともないとは予想外でした。今は新学期のシーズンなので、どこの店も大学生たちがこぞって買い物をしたようです。ちょっと舐めてたかな…。

さて、寝具は用意できましたが、今度は食器類を買いに行かなくてはいけません。これらは重くて取り扱いに注意が必要なので、少し追加料金を払ってでも宅配にしてもらおうと思います。そして、明日(月曜)は銀行口座を開設しに行かなくてはなりません。やるべきことはたくさんありますが、少しずつ文明的な生活に近づきつつあります。

では、尻切れトンボになりましたが、今日はこの辺で。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

いよいよ本番ですね

いよいよ本番スタートですね! 部屋は写真で見る限り快適そうですが、シーツぐらい準備すれば
良いのかなと思っていましたが、枕・掛布団まで自前とはびっくり!! 帰国時には捨てていくの???
食事は自炊とはいえ、学食・外食・中食など併用すれば一年ですからそんなに苦にならないと
思われますが、洗濯は大変そう!??な様子?? 冬のロンドンは天気も悪そうだし寒そうだし!
洗濯物を乾かすのは、乾燥機ですべて処理するのかな???
ともあれ、寒さに向かっていくので体調管理に留意して成果上げてください!!

Re: いよいよ本番ですね

新さん

枕・シーツ・掛け布団・食器類・調理器具など、全て自前で用意し、1年で捨てます(この寮は基本的に1年以上居られない)。非常に無駄が多いように思えますが、そう決まっている以上仕方ありません。先輩から譲ってもらおうにも、退去時に全部一掃されてしまうので、ほぼ不可能という理不尽さです。

こちらでは外食が極めて高額なので、基本的に自炊と中食で回す感じですね。おっしゃる通り、1年だけですから何とか出来ると思います。洗濯は全部乾燥機で、イギリス人は基本的にまず外で干すことはしません(田舎は別ですが)。

今のところ気温は快適ですが、今のうちに備えを進めます!
プロフィール

KHKQ

Author:KHKQ
横浜→東京→多摩→倫敦
京急を中心に広く薄く撮影
鉄道趣味はお休み中

カテゴリ
JR (5)
検索フォーム
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
アクセス数カウンター