FC2ブログ

La préparation (8) Aliments

s-IMG_8281.jpg
出発まであと1週間ということで、いよいよ本格的に荷造りを始めました。持っていくものは衣類を中心に、常備薬、若干の本、大量のポケットティッシュと歯ブラシ、変換プラグなど大小さまざまですが、前回イギリスに住んでいた時の経験から、インスタント食品を幾つか持って行くことにしました。私が住むのはロンドンなので、まあ大抵のものは比較的容易に手に入るのですが、かさばらず手軽に食べられるものはあると重宝します。
私の住む寮は自炊です。それにしては家賃が非常に高いし、鍋・フライパン類・食器類は一切ないという有様ですが、一応キッチンがあって自炊することになっています。時々日本の食べ物が懐かしくなることもあるでしょうから、こういうものを空いたスペースに押し込んでおきました。

食べ物と言えば、最近はヨーロッパでも日本食がかなり人気で、15年前に比べるとたくさんの日本料理店が出来ているそうです。しかし、日本で食べるよりは味も劣るだろうし、値段も高いことでしょう。しかも、日本食のすべてがイギリスで食べられるわけでもありません。

s-IMG_8107.jpg

s-IMG_8126.jpg
天ぷらも寿司も、お店自体はロンドンにあるでしょうが、多分私の手に届くような値段ではないと思いますので、今のうちに食べておきました。次に口にできるのは1年以上後のことになるのですね…。

「2012年のロンドン五輪を境に、イギリス料理は以前より格段に美味しくなった」という説がありますが、私に言わせれば「ゼロには何を掛けてもゼロ」であります。帰国した暁には、日本食のありがたみをより一層感じることになるでしょう。
あと、私が今一番恐れているのは、イギリスで友達に「なんちゃって日本料理」の店に連れていかれることです。中国人がテキトーな日本語の文字を羅列して、「日本料理っぽい何か」を出す店というのが至る所にありまして、お味は間違いなく悶絶するほどスバラシイことでしょう。どうやって回避するか、今から言い訳を準備しておかなくてはいけません。








s-IMG_8128.jpg
ちなみに今日寿司を食べたお店では、あの某巨大哺乳類の肉も口にしてしまいました。そう、“魚京”であります。どこかの環境団体が激怒するのは間違いないし、イギリス人にも非常に冷たい目で見られることでしょう!おーこわいこわい!
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KHKQ

Author:KHKQ
横浜→東京→多摩→倫敦
京急を中心に広く薄く撮影
鉄道趣味はお休み中…なのだが?

カテゴリ
JR (5)
検索フォーム
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
アクセス数カウンター