【京急】真っ白でパッチワーク…まさに「異色」の新1000形


京急新1000形1201編成がJ-TRECを出場し、久里浜工場まで試運転を実施しました。側面は真っ白な下地のままで、塗装が完了する前に走るという異例の展開となりました。実際にはドア・車外スピーカー・プレート類はもう赤く塗られているので、パッチワークと言って良いかと思います。運転席の横には京急のマスコットキャラクター「けいきゅん」のぬいぐるみが置かれていました(笑)

新聞報道等によれば、今回の真っ白な試運転は「塗装工程の都合」のためということですが、川崎重工で製造中の6両編成は既に塗装済であることが確認されていますから、なぜ8両編成(J-TREC製造分)は白いまま出したのか気になる所です。この編成は2月から営業運転に入る予定で、それまでの間に赤く塗るのでしょう。もしかしたら京急創立120周年で何か装飾が付くのではないかと期待しています。
テレビ神奈川が報じたところによれば、今年度中に投入される8両編成2本も白いまま出場する予定とのことです。ただし、来年度以降の新車については、期待しない方が良いかもしれません。


さて、1201編成は真っ白な側面に気を取られがちですが、よく見ると前面の「1000」という文字のデザインがそれまでの編成と大きく変わり、初期に製造されたアルミ車体のグループに近いものとなりました。1185編成までのステンレス車両をベースにしているとはいえ、だいぶ趣が変わりそうですね。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KHKQ

Author:KHKQ
横浜→東京→?
京急を中心に広く薄く撮影

カテゴリ
JR (3)
検索フォーム
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
最新コメント
アクセス数カウンター