かたつむり

s-IMG_1763.jpg
一昔前は、梅雨時なら住宅街でも至る所でカタツムリを見かけたものです。ちょっとした植木や草には常に数匹いたし、コンクリート塀に群がっていることもありましたが、そんな光景も最近はすっかり見なくなりました。
気候変動に加えて宅地化が進んで湿った場所が減り、乾燥に弱いカタツムリは住む場所がなくなっている…という話を時々耳にします。しかし、私の家の周囲はここ数年で急激に開発が進んだわけでもなく、見る限りそんなに緑が減っている感じもしないので、何がいけないのか分かりません。強いて言えば近所で急傾斜地の崩落対策工事が行なわれましたけど、元々カタツムリは足がとても遅い生き物ですから、これだけで数が激減することは無いように思います。

私が小学2年生くらいの頃は、カタツムリを拾って家で飼い、野菜の切れ端を与えて観察していたものです。ニンジンを与えると糞が赤くなり、面白がって遊んでいました。でも、最後まで飼った記憶はないので、多分私が飽きた頃を見計らって母が庭に放したのでしょう(しかしすぐまた拾ってきてしまう)。それくらいにカタツムリというのは身近な生き物だったのですが、今ではかなり数を減らしてしまったため、実物を見たことが無いという小学生もいるらしいです。

でんでん虫々 かたつむり
お前の頭は どこにある。
角出せ槍出せ頭出せ

この歌もじきに子供たちの間からは忘れ去られそう。場所によってはまだカタツムリがいるようですが、どこでも見られる存在ではなくなっているようで、一抹の寂しさを覚えます。ちなみに、カタツムリの減少は世界的な現象だそうな。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KHKQ

Author:KHKQ
横浜→東京→?
京急を中心に広く薄く撮影

カテゴリ
JR (3)
検索フォーム
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
最新コメント
アクセス数カウンター