【江ノ電】運賃100%割引キャンペーン

a-IMG_7432.jpg

去る15日(月)、江ノ電ではタッチ決済実質無料キャンペーンが実施されました。これは、クレジットカードやデビットカードなどによるタッチ決済を導入して1ヶ月ということで、この日に限り運賃をタダにするというものでした。
タッチ決済は、欧米ではコンタクトレス決済とも呼ばれており、日々の買い物から公共交通機関まで幅広く使われています。他方、日本ではSuicaやPASMOなどの普及が既に進んでいることから、反応速度に劣るタッチ決済は現在も限定的です。とはいえ、VISAが特に公共交通機関への導入に力を入れていることもあり、2021年に南海へ試験導入された時は話題になりました。首都圏の鉄道事業者では、江ノ電が初の導入とのことです。

ということで、その使い勝手を少し確かめるべく、この無料キャンペーンに乗じて久々に鎌倉へ足を運びました。


a-IMG_7428.jpg

タッチ決済の広告は、駅にも車内にも多く掲出されており、この鎌倉駅ホームでも強調されていました。タッチ決済対応カードは世界中で膨大な数が発行されているので、外国人観光客を強く意識していることは想像に難くありません。


a-IMG_7439.jpg

このような簡易Suica改札機に似た端末が用意されている駅が多いですが、鎌倉駅では係員通路の壁に小さく四角い端末が設置されていて、探すのに時間がかかりました。次回の自動改札機更新時には、一体型のものを導入してもらいたいところですね。また、入場用と出場用の機械を取り違えないように注意が必要です。


a-P3480891.jpg

タッチ決済カードはイギリスで毎日使っていましたが、あっちに比べると江ノ電の方は若干反応が速い印象でした。SuicaやPASMOほど素早く反応しませんが、地方路線ならこの程度でも十分でしょう。また、江ノ電の方は緑や赤のランプが光ったり、画面に大きな文字でメッセージが表示されるので、きちんとタッチしたか否かを判別するのは実に容易です。


hsbceer2023.png

先ほどの写真でお気づきでしょうが、今回私は日本国外発行のカードも使ってみました。当然きちんと対応しており、認識した証として、スマホアプリの方にも一瞬通知が来ていましたが、残高は1ペニーたりとも引かれていませんでした。
なお、三井住友銀行のデビットカードについては、何の履歴も付いていませんでした。これは江ノ電やVISAの問題ではなく、各行あるいはアプリの仕様によるものでしょう。


a-IMG_7452.jpg

せっかく電車に乗ったので、今まで行こうと思いつつ行っていなかった少々マイナーな寺を眺めて帰りました。極楽寺の境内にある桜は、北条時宗お手植えの木がルーツとか何とか…


反応速度に優れるSuica規格が定着していたからか、日本では小売業等も含めて普及が遅れているタッチ決済。しかし、国際標準は誰がどう見てもタッチ決済の方で、私個人としてもこちらの方が好みなので、今後数年かけて他の鉄道会社にも導入されることに期待しています。
なお、江ノ電はVISAやJCBなどには対応しているものの、マスターカードと銀聯には未対応です。現在の業界2位は今でもマスターカードなのか、銀聯に抜かれたのかは存じませんが、これらも使えるようになると、より便利になることでしょう。
関連記事

テーマ : 鉄道
ジャンル : サブカル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KHKQ

Author:KHKQ
横浜→東京→多摩→倫敦
広く薄く撮影中、一応古巣は京急
SNS一覧
ウェブサイトはこちら

カテゴリ
JR (45)
検索フォーム
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
最新記事
アクセス数カウンター