fc2ブログ

東西海岸本線の列車たち(ロンドン近郊)

隔月更新のウェブサイト、今回は「イギリス鉄道撮影・旅行記」に2本記事を追加しました。ロンドンとスコットランドを結ぶ2つの最重要路線、東海岸本線と西海岸本線について、ロンドン近郊で運用される車両を取り上げました。



s-P3490640.jpg

東海岸本線はご存知の方も多いように、現在は日立製作所が製造したクラス800系列Azumaが大活躍中。私が現地に住んでいた頃は、ちょうど旧国鉄のインターシティ2形式が新車に置き換わるところだったので、新旧全てをカメラに収めることが出来ました。
しかし、この路線は長距離特急列車だけでなく、中距離や通勤電車も数多く走ることを忘れてはなりません。私は子供の頃ケンブリッジに住んでいたため、実は花形の特急形客車より、こちらの近郊形電車の方に愛着を持っています。



s-P3490707.jpg

もう片方の西海岸本線は、東海岸本線に比べてやや速度に劣るものの、大都市はこちらの方に集中して位置しているため、重要性はより高い路線と言えましょう。ここはイタリア・フィアット社の車体傾斜技術を採用したクラス390電車を中心に、特急列車が頻繁に行き来しており、やはり合間に中距離列車と通勤電車が走っています。ちなみに私は全線走破するはずが、例の寝台特急バス代行事件により果たせなかったということで、まだ悔しさが残っています。
なお、ここには並行して高速鉄道の新線(High Speed 2)が建設されていますが、どうせHS2が開業するにはあと20年ほどかかるでしょう。



r-P3500149.jpg

最近のイギリスの鉄道では、EU離脱とエネルギー価格の急騰により電気代が極端に値上がりした結果、貨物列車会社(Freightliner)が電気機関車を一斉に引退させてディーゼル機関車に置き換えるという前代未聞の出来事がありました。気候変動枠組条約締約国会議を自国で開く直前、時代に激しく逆行する動きが生じたということで大変面白くなりそうなのですが、まあここでは触れないでおきましょう。


ガラクタのカタログは年内にあと1回更新し、続きは来年に持ち越すことと致します。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KHKQ

Author:KHKQ
横浜→東京→多摩→倫敦
広く薄く撮影中、一応古巣は京急
ウェブサイトはこちら

カテゴリ
JR (34)
検索フォーム
カレンダー
08 | 2022/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最近のコメント
アクセス数カウンター