FC2ブログ

過去10年の記録から―1月の思い出

元々近場の被写体は粗方撮り尽してしまったことに加えて、緊急事態宣言の再発令によってそう簡単に出かけることが出来なくなりましたので、これからまた暫くは乏しい蓄えから放出する日が多くなりそうです。ということで、今回は2011~2020年の1月に撮影した写真、合計10枚を振り返ってみたいと思います。いずれも個人的に印象に残っているもので、世間でそこそこ話題になった車両も含まれているかと思います。

r-P1000811.jpg
まず2011年は、私が本格的にカメラを持ち始めた年でもありますが、年初は受験生だったこともあってほとんど写真は撮っておりませんでした。金沢文庫で夕ラッシュの出番を待っていた2411・2421編成は、この1年余り後に同形で初めて廃車となりました。

r-P1010414.jpg
2012年は、この年の3月で引退するロマンスカー2種を見に行きました。10000形HiSEと20000形RSEが同時に引退し、小田急の特急史における1つの時代が終わりました。しかし幸いにも数両ずつ地方鉄道に譲渡され、現在ものんびり走っています。

r-P1100921.jpg
2013年は京成3300形を狙い、中でも個人的に最も相性が悪かった赤電色を撮影しに行きました。新車の投入が再開され、旧型電車の置き換えが迫っていたのに、冬場故に影が長くて撮れる場所が減っており、結構焦った記憶があります。

r-P1190443 (2)
2014年は富士急行で、2000形の引退に合わせてパノラマエクスプレスアルプス時代の装いに復刻されたフジサン特急を撮影。これは私が小学生時代に乗った電車でもあり、少しだけ懐かしく感じました。ちなみにこのちょうど2年後にも富士急行を再訪しました。

r-P1240708.jpg
2015年は遂に東武東上線池袋口から8000系が引退。短期間ヘッドマークが掲出され、堂々10両編成の最後の姿をもう一度カメラに収めることにしました。もっとも、8000系自体はまだ全廃まで暫くかかりそうで、登場60周年を迎えるのはほぼ確実です。

r-P1460181.jpg
2016年は、京急1500形の前面表示がフルカラーLED化されたことがちょっとした話題でした。600・2100・新1000形は前年までにLED化が完了し、今では幕車も過去の姿になりました…と言っても側面表示は未だにバリバリ幕のままですが。

r-P3380599.jpg
2017年は烏山線のキハ40系を撮りに、始発電車に乗って遠路はるばる栃木県へ。氷点下の中、車ではなく徒歩で沿線を20kmほど歩き回り、道中では地元の方々のご厚意に甘えながら、少ない枚数の割に結構楽しく一日を過ごすことが出来ました。

s-P3440946.jpg
2018年は伊豆箱根鉄道へ。定期検査を受ける大雄山線の車両を駿豆線へ運ぶもので、随分とくたびれた電気機関車を撮りました。地方鉄道の電気機関車を撮ったのはこれが初めてで、なかなか面白い物を見ることが出来たと思います。

s-P3480981.jpg
2019年は英国で撮り鉄を楽しみました…と言っても、冬は基本的に曇りか雨かという惨状なので、撮影はほぼ休止状態。その分2-3週間に1度の晴れはフルに活用しました。写真はクラス465で、この顔は馴染み深いデザインです。

r-P1000705.jpg
最後に昨年は、山手線のE231系が遂に引退するということで、重い腰を上げて2回足を運びました。205系世代としては全く実感が無いのですが、気づけばE231系も登場から20年以上が経ち、JR東日本の中では古参の域に達しつつあります。


カメラを本格的に持ち始めて10年余りが経ち、ようやく少しは振り返る価値のあるコレクションになりつつあるかなと自負しています。また、既に何度か言っているような気がしますが、時の流れの速さを改めて感じますね…京成3300形が8年も前で、京急1500形の幕時代が5年前ということに少し衝撃を受けました。

私はイベント列車をほとんど撮らず、基本的には定期列車ばかりを撮り集めているので、地味な記録で華やかさはありません。今後はそれでも少しは面白いと思えるようなものをまとめていきたいと思います。お付き合いのほど、どうぞよろしくお願い致します。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KHKQ

Author:KHKQ
横浜→東京→多摩→倫敦
広く薄く撮影中、一応古巣は京急
English

カテゴリ
JR (20)
検索フォーム
カレンダー
01 | 2021/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
最新記事
アクセス数カウンター