fc2ブログ

2020年の撮影を振り返って 後編

昨日に引き続き、今日は2020年7~12月の撮影分を振り返ってみることに致します。もっとも、新型コロナウイルス感染症の影響は大きく、感染が下火だった時期でさえ外出意欲は低調でした。



<7月>

【東急 2本目の緑色ラッピング】
東急池上・多摩川線で運用されている1000系1本が緑一色になりました。2017年より東横線で走っている5000系に似ている印象で、わざわざ他の1000系とは顔つきが異なる編成が選ばれております。

【JR東日本 新駅での撮影】
センスのかけらもないと非難轟々の高輪ゲートウェイ駅にて、山手線を少し撮影しました。開業時からの噂通り、中々に良い撮影地なのですが、今後の再開発の進展によって潰れそうな気も致します。

※世の中の出来事:九州豪雨。藤井七段が最年少タイトルを獲得。


<8月>

【小田急 赤い電車と新型車両】
昨年の台風で壊滅的な被害を受けた箱根登山鉄道の運転再開を祝して、普段は小田原近郊でしか運用されない赤い1000形が本線を走りました。他にも、春にデビューした5000形を見ることも出来ました。

※世の中の出来事:ベイルートで大爆発。安倍首相が辞意表明。


<9月>

(活動なし)
連日の天候不順に加え、コロナがやや落ち着いたことで溜まっていた仕事に取り掛かる必要が生じ、9月はカメラを持つ機会がありませんでした。

※世の中の出来事:新生立憲民主党の設立。菅新首相が就任。


<10月>

【JR四国 気動車特急を一瞥】
コロナ禍が本格化してから初めての旅行は、思い切って高松を選びました。まずはJRの撮影からで、勢力縮小著しい2000系に加えて新型気動車などを撮り、四国を走る車両は大方一通り揃えることが出来ました。

【ことでん 京急カラー2種】
続いてメインイベントのことでんへ。ちょうど有志団体が京急時代の塗装に塗り替えた1200形が走り始めた頃で、前年の1080形と合わせて懐かしい電車を拝むことが出来ました。また今回は初めて志度線も訪れました。

※世の中の出来事:トランプ大統領がコロナ感染。アニメ映画「鬼滅の刃」が大ヒット。


<11月>

【京阪 旧型通勤電車のオンパレード】
夜の三条駅でお手軽に7両編成の通勤電車を撮影。引退間近の多扉車5000系はもちろん、所謂「卵型電車」と呼ばれる1960-70年代の古そうな車両をざっと一瞥。反面、今回はあまりJRを撮りませんでした。

【相鉄 時代は白から濃紺へ】
9000系に続いて8000系と10000系にもリニューアル車両が登場したので、早速足を運んでみました。いずれも原型が思い出せないほどの改造で、相鉄のラインナップも僅か数年前とは大きく様変わり。浦島太郎になった気分でした。

※世の中の出来事:大阪都構想が住民投票で否決。米大統領選でバイデン氏が当選。


<12月>

【西武 101系全色制覇】
白一色から一転して近年様々な塗装が施されるようになった西武101系の中で、最後まで未撮影だった近江鉄道カラーをカメラに収めました。多摩湖線からは来春撤退、その後の101系は多摩川線で細々残ることに。

【JR東日本 待望の新型電車】
遂に横須賀線に新鋭E235系が投入されました。大方の予想通り固定運用で、撮りにくい時間にしか走らないのかと思いきや、ダイヤ乱れで運用が崩れて案外早くカメラに収めることが出来ました。

※世の中の出来事:はやぶさ2が無事小惑星のサンプルを地球に持ち帰った。COVID-19のワクチンが欧米で摂種開始。



何度も書いていますが、今年は皆さんと同じく私もコロナ禍に振り回された一年でした。鉄道写真撮影は所詮趣味なのですが、趣味活動が大きく制限されるというのは思いの外苦しいものでした。地方の鉄道を幾つか見て回りたいと思いつつも、自らや家族の体調と感染拡大傾向に鑑みて大半を断念。しかし、秋に高松と京都へ足を伸ばせましたので、まだ良かったと思います。これらの旅行が無かったら、メンタルヘルスに相当な影響が出るところでした。
来年からは日本国内でもファイザー・モデルナ・アストラゼネカといった米英系ワクチンの接種が始まります。最近出て来た変異種に加え、東京五輪の存在という不安要素もありますが、何とかパンデミックが終息に向かい、一日も早くかつての日常に戻れることを心から祈っています。それまでの間は、皆様くれぐれもご自愛ください。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KHKQ

Author:KHKQ
横浜→東京→多摩→倫敦
広く薄く撮影中、一応古巣は京急
ウェブサイトはこちら

カテゴリ
JR (34)
検索フォーム
カレンダー
08 | 2022/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最近のコメント
アクセス数カウンター