FC2ブログ

再び日本でカメラを握った日―西武・動物園・京急

1ヶ月ほど前まではあんなものこんなものを撮って遊んでおりましたが、そんな日々はすっかり過去の話となりました。帰国して暫くは体調を整えたり、雲の多い天気をぼやく毎日でしたが、ようやく安定して晴れる日がチラホラ現れ始めましたので、日本でのリハビリ撮り鉄と称して何枚か撮影してきました。


s-P3530498.jpg
まずは西武多摩川線へ。ワンマン運転用の新101系は、長い間白一色の非常につまらない被写体と化しておりましたが、近年は特別塗装編成が何本も出てきて見る人の目を楽しませてくれます。こちらは1960年代に流行った「赤電」カラー。但し新101系がこの色になったのは2010年代後半からの話で、厳密には復刻塗装と言えるか微妙なところ。

s-P3530490.jpg
これは新101系も登場当時に纏っていたツートンカラーで、同系のリバイバル塗装としては最もしっくりきています。7年くらい前に池袋線から撤退間際に撮りに行った記憶が蘇りました。ところで、12-14日の三連休中に秩父線を新101系が臨時列車として走るそうですが、どのカラーの編成が行くのでしょうか。もしかして…これ?

なおこの日は伊豆箱根鉄道カラーの青帯編成も走っていますが、こちらは2年前に撮影済みなので割愛しました。近江鉄道カラーの水色は多摩湖線で走っている日に見に行きたいですね。


s-P3530503.jpg
すぐお隣、JRのホームに移動して209系1000番台も手堅く押さえました。この車両が常磐線から転属すると聞いた時は非常に懐疑的で、実現した時は非常に驚きました。今年春のダイヤ改正から固定運用で走り始め、労組資料によれば5年程度使用される予定とのこと。それよりは少し早く姿を消しそうですが、E233系の改造工事には相当の時間がかかりますので、しばらくは当地に残りそうです。

s-P3530512.jpg
何だか遠くに見慣れない雰囲気の電車が見えたので待ってみたところ、E257系500番台が現れました。一応配置は幕張のままとはいえ、実質的には豊田所属の電車と言っても良さそう。ところで、これ何の回送だったんでしょ。


s-P3530542.jpg
別の日、上野動物園を走るモノレールを見に行きました。遊具の一種と認識している人が多いようですが、鉄道事業法を根拠にする歴とした鉄道です。日本初の常設モノレールであり、1950年代には新しい交通機関の試験線に位置付けられました。現行車両の40形は2001年にデビューしましたが、老朽化により今月末で引退予定。財政難から代替車両の投入は予定されておらず、このまま廃線になる可能性もあります。
子供の時に一度乗った記憶がありますが、この40形だったか先代の30形だったかは記憶にありません。妙に楽しかったという漠然とした思い出が残っているだけ(笑)


s-P3530564.jpg
この日はそのまま南下して、京急新1000形1225編成を撮影。営業運転開始から4日ほどが経ち、新車特有のピカピカした感じが完全に失われる前に撮りたかったのです。ギリギリセーフと言ったところでしょうか。新1000形も気づけば登場から17年余り、同世代の他社車両も製造終了となる形式が出ていますので、新1000形もそろそろかもしれません。


こんな感じでリハビリは終了。イギリスと違い、日本では郊外でも建造物が多くて背景のゴチャゴチャした場所が多く、ちょっとげんなりすることも。ロンドンだと都心から1駅行っただけで木々をバックに走る気動車なんかも簡単に撮れたんですけどね…比べるのが間違いか(笑)
プロフィール

KHKQ

Author:KHKQ
横浜→東京→多摩→倫敦
京急を中心に広く薄く撮影
English

カテゴリ
JR (5)
検索フォーム
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
アクセス数カウンター