FC2ブログ

キャッシュレス決済に関する雑記

いよいよ書くネタが枯渇してきたので、だいぶ前に下書きをしたまま放置していた話を引っ張り出すことにしました。今回は、日本でもようやく本格的に話題に上り始めたらしい、キャッシュレス決済の話です。



<コンタクトレスカード>

s-IMG_9273.jpg
留学前に、イギリスは日本以上にキャッシュレス化が進んでいる(というか日本が世界から取り残されている)という話に触れましたが、なるほどこちらでは現金を使う機会があまりありません。少額でもデビットカードの決済が中心で、わざわざATMでお金を下ろす手間が省けるので非常に楽です。こちらではコンタクトレス(非接触)決済が主流で、スーパーなどの買い物でも改札機にSuicaをかざす感じで簡単に支払いが出来ます。もちろん、読み取り機に挿して暗証番号を入力することも出来ます。サインはもうほとんど見なくなりましたね…。

s-IMG_9225.jpg
イギリスでは、銀行のキャッシュカードがデビットカードになっており、しかもコンタクトレス機能が標準搭載です。逆に日本ではまだ全然普及が進んでいません。三井住友デビットカードには搭載されていますが、これは日本ではかなり少数派です。東京五輪を控えていることだし、日本社会は本腰を入れて現金至上主義を何とかしなければなりません。ちなみに最近日本で話題になっているQRコード決済は、欧米ではあまり受け入れられていません。中国では支配的みたいですけど。

なお、私は現金決済を止めろとは一言も言っていません。単に選択肢を増やせと言っているのです。導入・運用コストが厳しい?カード決済が増えれば現金を数える手間も減るし、店員の数も減らせます。お金の管理が難しくなる?デビットカード決済は、単にATMで現金を下ろす手間を省くだけの話で、レシートと通帳を今まで通りきちんと管理しておけば何も困ることはありません。第三者の悪用が怖い?キャッシュカードが盗まれたり悪用されたりする危険性と変わりません。
つまり、単にキャッシュレス化に抵抗するのは、怠惰以外の何物でもありません。買う側も売る側も、いい加減に井の中の蛙から脱却せよ。

ところで、イギリスは現金払いが少数派になりつつあると言いつつも、個人経営のレストラン等では、現金の方が好まれます。理由は簡単、脱税です。カードではなく現金払いにすると、大抵はサービス料分まけてくれるので、1割くらい安くなります。イタリアなどではもっとやり方が露骨ですが、イギリスでも客と店が阿吽の呼吸でゴニョゴニョしているのです。


<セルフレジ>

s-IMG_9808.jpg
イギリスのスーパーでは、セルフレジがメインです。日本ではまだまだパートのおばちゃんが商品をスキャンすることが多く、イギリスでも15年前は同じだったのですが、今は自分でスキャンして自分で支払うのが主流。このセルフレジ、品物をスキャンした後指定された部分にきちんと置く必要があり、そのまま袋に入れてしまうとエラーが出て店員がやって来ますので、慣れるまでは少々面倒でした。

s-IMG_8621.jpg
支払いは基本的にカード。まあ2,3ポンド程度の買い物なら現金を使うこともありますが、この機械は頭が悪くて意味不明な釣銭を出してきます。例えば、50pなら50p硬貨を1枚出せばいいものを、必ず20p硬貨と5p硬貨を2枚ずつ吐き出します。一度、1.40ポンドの釣銭を出すのに、20p硬貨が7枚出てきたこともありました。かつては公衆電話用に重宝した20p硬貨も、今は別にありがたくないですね(でも新旧硬貨が半々だったからまだ許す)

ちなみに、セルフレジだと万引きし放題に見えますが、一応周囲には店員が1,2人目を光らせています。それでもこっそり持ち逃げする輩は間違いなくいますが、人件費との兼ね合いでこのような方法をとっているのでしょう。なお、もちろん有人レジで会計することも出来ます。


コンタクトレスとセルフレジに慣れてしまったので、帰国後しばらくは不便な暮らしに苦労するかもしれません。現金を店員と直接やり取りする昔ながらの方法が悪いとは言いませんが、いい加減に時代そして国際社会に合わせた改革というものを本気でやっていかないといけないと思います…キャッシュレス決済に限らずね。さもないと、ただでさえ人口・経済すなわち競争力が縮小傾向の日本が生き残る可能性は、どんどんゼロに近づくことでしょう。

ここ最近の憂鬱

留学生活もちょうど折り返し地点を迎えました。先週はカメラを持って地下鉄を撮っておりましたが、いつもいつも遊んでいるわけにはいかないので、今週は地味におとなしく過ごしていました。多分来週も似たようなものでしょう。
では例によって今日もダラダラと近況報告をば。



(1) 治安の話

s-IMG_9382.jpg
治安については既に何度か書いておりますが、ロンドンでは刃物を用いた事件が相変わらず多発しています。私が住むのは特段治安の悪い地区ではないはずなのに、寮から半径200m圏内でも、2月だけで3回事件が起きております。内訳は、殺人未遂が寮から100m、殺人が寮の目の前、警官から職務質問された男がナイフを持って暴れたのが寮から200mほどの場所。いずれも夜10時半以降に発生しており、無差別攻撃ではなくギャング絡みの模様(殺人事件で殺されたのは麻薬の密売人だったようです)。つまり下手に喧嘩を売らない限り私にはあまり関係ないのですが、刺されなくても目の前で見てしまう可能性があるので、夜間の外出は控えるようにしています。

ロンドンではここ3年ほどで治安が急速に悪化しており、凶悪犯罪も激増していますが、それでも大陸諸国に比べればまだ安全です。とはいえ、LambethやHackneyといった昔から危ない地域では、今も銃を用いた犯罪まで頻繁に発生していますので、そういう地区にはなるべく近づかない方が良いですね。時々「再開発ですっかり変わった」という人がいますが、決して治安が良くなったというわけではなく、最底辺から下位になっただけの話ですから、油断は大敵です。


(2) 試験の話

s-IMG_9778.jpg
2学期ももうすぐ終わり…つまり期末試験が近づいております。先週発表された日程表を見ると、私の試験は4月末から5月末まで。4科目が綺麗にバラけているのは良かったと思います。いつまでも試験勉強をしなければならないという欠点もありますが、1科目当たり3時間で合計3000単語以上書かなくてはいけないので、あまり日程が近いと利き手がやられてペンが握れなくなってしまいます。体力もかなり消費するでしょうしね。

ちなみに試験会場はロンドン東部のコンベンションセンターで、大学から電車を乗り継いで1時間以上かかるという実に不便な場所。試験期間はたっぷりあって学生を分散させるのは難しくないと思いますので、何故そんな辺鄙な場所を会場にするのか甚だ不可解であります。そして、この国の交通機関は日本よりも信頼性が低く、移動距離が長ければ長いほど不測の事態に遭遇する恐れが高くなります。実に面倒くさい話であります。


(3) EU離脱の話

s-IMG_9358.jpg
EU離脱については日本でもかなり報道されていることと思います。保守党の中も強硬離脱派と穏健離脱派が鋭く対立、労働党は何でもかんでも反対するなどして議論が全然進まず、英国議会の質もだいぶ下がったと感じます。更に、残留派やら国民投票のやり直しを求める声やらが上がり、三つ巴どころか五つ巴になっている感すらあります。
私は渡英前からずっと「どうせ間際になって離脱は延期する」と言い続けておりましたが、どうやら案の定問題を先送りすることになりそうです。ただ、延期すると「合意なき離脱 (No-deal Brexit)」の危機が一旦遠のいたように見えますから、どうせまた議会は紛糾して何も決められないのではないかと思います。結局数ヶ月延期した結果何も決まりませんでした…と世界中に恥を晒す可能性も高いのではないかと個人的に思います。

私の周りにいるイギリス人は、古くからの友人も含めて大半が残留派で、やはり高等教育を受けているというのが最も大きな理由といって良いでしょう。労働者階級の中にも残留派はいるはずですが、離脱に投票した人の方が圧倒的に多いように感じます(新学期前にホームステイした時の家族及びそのご親戚とご友人は皆離脱派でした)。とはいえ、EUの肥大化しすぎた官僚機構がもたらしている弊害も看過できないものがあり、一概にどちらが良いと言えないのが難しいところです。
ちなみに、国民間でも離脱か残留かをめぐって分断状態にあるというのは、本当のことだと思います。私は外国人なので、この話題になっても特に困りませんが、イギリス人同士だとしばしば微妙な緊張感が漂います。外国人に対しては、離脱派・残留派どちらも自分の考えを分かりやすく伝えようとしてくれるので、私はまだ気楽なものですけどね。

もし本当に合意なき離脱になった場合は、税関がパンクして通関手続きが停滞し、生鮮食品を中心に食糧危機に陥るのではないかと言われています。私はそんなことは絶対ないと信じており、仮に少々混乱が起きても1週間程度で何とかなると思っていますが、地域によっては石油危機の時みたいに色々なものをとにかく買い占める人が出ているようです。


(4) 自炊の話

元々料理が得意な方では全然ないのでレパートリーは非常に貧弱なのですが、この国では外食や総菜を買って帰ると大変高くつくので、基本的に自炊でございます。朝はシリアルにゆで卵、昼は(土日など寮にいる日は)スパゲッティ、夜はご飯に茹でた人参又はほうれん草と焼いた肉類というワンパターンな食生活を送っています。食欲がない時(←結構よくある)や料理するのが面倒くさい場合は蕎麦を茹でています。茹で時間が短くて冷たい麺類って偉大!

s-IMG_9607.jpg
ところで、先日近くのスーパーで椎茸を見つけたので、思わず買ってしまいました。昔はその辺のスーパーで売っているようなものではなく、Cambridgeだとマーケットで時々見かける程度のものでしたが、今では簡単に買えるようになったみたい(ロンドンだからかもしれませんけど)。値段は120gで1.50ポンド…意外にお手頃でした。
今では日本料理用の食材を買うのは別に難しいことではなく、大手スーパーならその辺の店舗でも売っているのが嬉しい。中国人が買うだけでは大規模展開しないと思うので、恐らくイギリス人の間でもそこそこ根付いているのでしょう。

s-IMG_9610.jpg
人参に砂糖と醤油と鰹だしの粉末を加えて煮物にしました。本当は昆布だしの方が好きなのですが、贅沢言っちゃいけません。椎茸の味は日本のものに比べてちょっと薄いものの、十分食べられる味になりました。
冷蔵庫がもう少し大きければ、数日分作り置きしたり色々試したりすることも出来るんだけどなあ…「生きるために食べる」の域は脱していると思いますが、「作るのを楽しむ」の域に達するにはまだまだ時間がかかりそうです。いやン、このままだとお嫁に行けないワ!!!(ぁ


(5) Yahoo!ブログの話

ヤフーブログが今年12月15日をもってサービス終了という発表がありました。2016年以降は昨日の改悪が相次ぎ、遠からずこのサービスは終焉を迎えるだろうと思っていたら案の定。不穏な気配を察知して昨年頭にFC2へ逃げたのは正解でした。旧ブログの記事は大半をこちらに引き継いだことだし、サービス終了より前に閉鎖しようかなと考えています。

思い返せば、ブログを始めたのは7年以上前のこと。少し振り返ってみると、7年間で鉄道を取り巻く環境はだいぶ変わりました。私もだいぶ変わった…と思いたいのですが、ブログを見る限り電車を撮りに出かけては写真を長文と共にアップするスタイルが全然変わっていないので、この7年間で本当に成長出来ているのか甚だ怪しいところです。


おしまい。春休みは試験前で旅行に行けそうもないので、どうやって息抜きするかなぁ…。

Le deuxième incident

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

ノリッチへ

先週はReading Weekでした。1学期はCanterburyに行き、今学期はNorwichに行くことにしました。Norwichはロンドンから160kmほどの場所にあり、必ずしもメジャーな観光地というわけではありませんが、実は産業革命の前までロンドンに次ぐイングランド第二の都市でありました。今回この町に決めた理由は、Cambridgeに住んでいた16年前に足を運んだものの、何故か記憶があまり残っていなかったからであります。では例によって駄文とテキトーな写真を並べてみます。



IMG_9719.png
NorwichはLiverpool Streetから客車列車に乗って2時間弱…なのですが、駅の電光掲示板を見るとDelayedと書かれていて、初っ端から出鼻を挫かれました。寒いコンコースで電光掲示板を見つめること半時間、結局当該列車は36分遅れてロンドンを発ちました。鉄道会社側は返金を免れるべく途中駅を通過扱いにして回復運転を試みますが、結局Norwichには33分延着となり、往復運賃の25%が払い戻しとなりました。29分延着で返金ナシにならなくて良かったです、ほんと。

s-P3490241.jpg
さて、時間が少々押していたので、City Centreを回るのは後回しにして、まずは大聖堂へ行きました。Elyの大聖堂に比べると小さいですが、こっちは目立った工事もなく一安心(笑) 私が出かけると大体大規模修繕工事に当たるのよね。

s-P3490214.jpg
平日だったためか、観光客の姿はほとんど見受けられず、のんびりと見て回ることが出来ました。教会のスタッフに色々と話を聞けました。こういう機会はなるべく逃したくないものです。

s-P3490225.jpg
続いて川べりをブラブラと散歩。小さな手提げ袋一つしか持っていないので、完全に地元住民に紛れ込んで皆さんのお散歩コースを楽しみます。この日は気温15℃と季節外れの暖かさでした。

s-P3490224.jpg
道中にはこんな昔の塔の跡も。Cow Towerというけったいな名前のこちらは、14世紀末に建てられたものらしく、フランス等の脅威から町を守るための見張り台として機能しました。以上近くにあった看板を雑に要約。

s-P3490226.jpg
町中を歩いてみると、至る所に古そうな教会が建っています。デザインも似通っており、老朽化でかなり歪んでいるものも多いです。ただ、今では使われていないものも少なくなく、長いこと放置された雰囲気のものも。

s-P3490227.jpg
Plantation Gardenという名前に惹かれて少し覗いてみました。入場料は2ポンドですが、まあ値段相応の内容と言ったところ。Kew GardensやCambridgeの植物園に慣れてしまうと、こういうのは全然物足りないですね(笑)

s-P3490230.jpg
隣にあったカトリックの大聖堂も覗いてみました(先に入ったものとはまた別)。いや~内装がいかにもカトリックですね(←知ったかぶり)。ちなみに建物自体はかなり新しいものでした。

s-P3490234.jpg
ぶらぶらと中心部に足を向けて、マーケットにやって来ました。この色とりどりの屋台は、前回Norwichを訪れた時に関するほぼ唯一の記憶です。このマーケット、実は相当に歴史が古くて今でもイングランド有数の市場だそうな。

s-P3490240.jpg
またちょろっと歩いて、Elm Hillという観光客に人気の路地を見に行きました。石畳で道幅がやたら狭く、しかも人が全然いない。Cotswoldsの村々の方がもっと雰囲気が良いですけど、これもそれなりに味わいがありますね。近くには大好きなチューダー朝の建物を使った喫茶店がありましたが、一人で入る勇気が無かったので諦めました。

s-P3490243.jpg
そろそろ日没という時間になったので、ロンドンに帰ることにしました。しかし冬至の時期と違ってだいぶ日が長くなってきており、晴れれば午後5時過ぎまで明るくなっています。
ちなみに帰りの列車はLiverpool Streetに2分延でした…この国では「定刻」と同義。


16年前に来た記憶は確かにあるものの、今一つどんな町だったか思い出せなかったNorwich。今回足を伸ばしてみてようやく気が済みました。一つ意外だったのは、駅から中心部までちょっと距離があったことで、汽車を降りてからすぐにマーケットがあったイメージだったのですが、実際は徒歩10分くらいだったでしょうか。結論としては、CanterburyやBathほどのインパクトは無いものの、そこそこ楽しめました。


<おまけ>

s-P3490221.jpg
探そうとするとなかなか見つからないくせに、忘れかけた頃目の前に現れるジョージ6世のポスト。そして、比較的初期に造られたヴィクトリアの八角柱タイプ。しっかりポストにも注意を払ってきました(笑)

«L'incidente»

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
プロフィール

KHKQ

Author:KHKQ
横浜→東京→多摩→倫敦
京急を中心に広く薄く撮影

カテゴリ
JR (5)
検索フォーム
カレンダー
02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
アクセス数カウンター