FC2ブログ

【京急】2021年1月の撮影

このご時世なかなか大っぴらに外出できない日々が続いていますが、それでも今月は幸い僅かながら写真を撮る機会がありましたので、その一部を貼ってみることとします。

r-P1002473.jpg
毎年恒例の大師線ヘッドマーク。今年は1897年以来124年ぶりに節分が2月2日だと話題に上っておりましたので、このヘッドマークも例年より1日早く取り外される…かと思いきや、公式サイトでは3日までとなっています。何か意図があるのか、それとも漫然と去年までの文章を使い回しただけなのか。

r-P1002467.jpg
今年若干注目を集めていたのは、1500形のトップナンバーである1501編成。12月下旬に重要部検査を受けて出場したばかりの同編成は、このタイミングでクーラーが載せ替えられたそうな。もっとも、大師線は1月下旬以降でないと建物の影が厳しく、撮影可能なポイントが少々限られます。

r-P3380774.jpg
私は先月の試運転に行く元気が無かったので、その前の全般検査施工時の1枚を引っ張り出してみました。1500形も登場から36年が経ち、気づけば営業用車両としては京急最古参となりました。いよいよ本格的な置き換えが始まりそうな雰囲気で、どれから廃車になるのか少し気になりますね。

r-P1002456.jpg
おまけは新1000形1800番台の逗子・葉山行。幌を繋ぐことはすっかり無くなり、最近は8連を組む頻度自体も減ってしまった印象です。先日の公式発表によれば、近々また新しい形態が登場するようですが、一体どこをターゲットにしているのか全く意味不明な仕様となっております。失敗作の1800番台にお友達を用意してあげるとは、京急も随分太っ腹のようで。

過去10年の記録から―1月の思い出

元々近場の被写体は粗方撮り尽してしまったことに加えて、緊急事態宣言の再発令によってそう簡単に出かけることが出来なくなりましたので、これからまた暫くは乏しい蓄えから放出する日が多くなりそうです。ということで、今回は2011~2020年の1月に撮影した写真、合計10枚を振り返ってみたいと思います。いずれも個人的に印象に残っているもので、世間でそこそこ話題になった車両も含まれているかと思います。

r-P1000811.jpg
まず2011年は、私が本格的にカメラを持ち始めた年でもありますが、年初は受験生だったこともあってほとんど写真は撮っておりませんでした。金沢文庫で夕ラッシュの出番を待っていた2411・2421編成は、この1年余り後に同形で初めて廃車となりました。

r-P1010414.jpg
2012年は、この年の3月で引退するロマンスカー2種を見に行きました。10000形HiSEと20000形RSEが同時に引退し、小田急の特急史における1つの時代が終わりました。しかし幸いにも数両ずつ地方鉄道に譲渡され、現在ものんびり走っています。

r-P1100921.jpg
2013年は京成3300形を狙い、中でも個人的に最も相性が悪かった赤電色を撮影しに行きました。新車の投入が再開され、旧型電車の置き換えが迫っていたのに、冬場故に影が長くて撮れる場所が減っており、結構焦った記憶があります。

r-P1190443 (2)
2014年は富士急行で、2000形の引退に合わせてパノラマエクスプレスアルプス時代の装いに復刻されたフジサン特急を撮影。これは私が小学生時代に乗った電車でもあり、少しだけ懐かしく感じました。ちなみにこのちょうど2年後にも富士急行を再訪しました。

r-P1240708.jpg
2015年は遂に東武東上線池袋口から8000系が引退。短期間ヘッドマークが掲出され、堂々10両編成の最後の姿をもう一度カメラに収めることにしました。もっとも、8000系自体はまだ全廃まで暫くかかりそうで、登場60周年を迎えるのはほぼ確実です。

r-P1460181.jpg
2016年は、京急1500形の前面表示がフルカラーLED化されたことがちょっとした話題でした。600・2100・新1000形は前年までにLED化が完了し、今では幕車も過去の姿になりました…と言っても側面表示は未だにバリバリ幕のままですが。

r-P3380599.jpg
2017年は烏山線のキハ40系を撮りに、始発電車に乗って遠路はるばる栃木県へ。氷点下の中、車ではなく徒歩で沿線を20kmほど歩き回り、道中では地元の方々のご厚意に甘えながら、少ない枚数の割に結構楽しく一日を過ごすことが出来ました。

s-P3440946.jpg
2018年は伊豆箱根鉄道へ。定期検査を受ける大雄山線の車両を駿豆線へ運ぶもので、随分とくたびれた電気機関車を撮りました。地方鉄道の電気機関車を撮ったのはこれが初めてで、なかなか面白い物を見ることが出来たと思います。

s-P3480981.jpg
2019年は英国で撮り鉄を楽しみました…と言っても、冬は基本的に曇りか雨かという惨状なので、撮影はほぼ休止状態。その分2-3週間に1度の晴れはフルに活用しました。写真はクラス465で、この顔は馴染み深いデザインです。

r-P1000705.jpg
最後に昨年は、山手線のE231系が遂に引退するということで、重い腰を上げて2回足を運びました。205系世代としては全く実感が無いのですが、気づけばE231系も登場から20年以上が経ち、JR東日本の中では古参の域に達しつつあります。


カメラを本格的に持ち始めて10年余りが経ち、ようやく少しは振り返る価値のあるコレクションになりつつあるかなと自負しています。また、既に何度か言っているような気がしますが、時の流れの速さを改めて感じますね…京成3300形が8年も前で、京急1500形の幕時代が5年前ということに少し衝撃を受けました。

私はイベント列車をほとんど撮らず、基本的には定期列車ばかりを撮り集めているので、地味な記録で華やかさはありません。今後はそれでも少しは面白いと思えるようなものをまとめていきたいと思います。お付き合いのほど、どうぞよろしくお願い致します。

新年のご挨拶に代えて

r-P3470435.jpg
悪夢のような2020年が終わり、2021年になりました。「この冬さえ越えたらあとは徐々に好転するだろう」と思っていたコロナ禍は、英国及び南アに端を発する変異種の出現によって、再び風向きが怪しくなってまいりました。とはいえ、ワクチンの接種が近々日本国内でも始まりますので、さすがに昨年よりは情勢が良くなることに期待したいと思います。

今年は、昨年著しく停滞した本業に一層の力を入れなければなりません。今春にまた1本論文を出した後は、すぐ次に向けて準備を進めたいと思います。図書館通いを再開しなければならないので、各大学の入構制限はいい加減に解除してもらいたいところです。

趣味面では、上半期にまた少し京急に力を入れる必要がありそうです。また、昨年行けなかった地方都市の鉄道を幾つか訪問したいと考えております。しかしいずれにしても、去年に引き続きコロナウイルスの機嫌を窺いながらの活動を余儀なくされるでしょう。そうそうネタがあるわけでも無いので、少なくとも今年度末まではブログも月3回程度の更新に留めようかと思います。なお、ウェブサイトの方は隔月更新を目指したいと考えております。

今後ともどうぞよろしくお願い致します。

2020年の撮影を振り返って 後編

昨日に引き続き、今日は2020年7~12月の撮影分を振り返ってみることに致します。もっとも、新型コロナウイルス感染症の影響は大きく、感染が下火だった時期でさえ外出意欲は低調でした。



<7月>

【東急 2本目の緑色ラッピング】
東急池上・多摩川線で運用されている1000系1本が緑一色になりました。2017年より東横線で走っている5000系に似ている印象で、わざわざ他の1000系とは顔つきが異なる編成が選ばれております。

【JR東日本 新駅での撮影】
センスのかけらもないと非難轟々の高輪ゲートウェイ駅にて、山手線を少し撮影しました。開業時からの噂通り、中々に良い撮影地なのですが、今後の再開発の進展によって潰れそうな気も致します。

※世の中の出来事:九州豪雨。藤井七段が最年少タイトルを獲得。


<8月>

【小田急 赤い電車と新型車両】
昨年の台風で壊滅的な被害を受けた箱根登山鉄道の運転再開を祝して、普段は小田原近郊でしか運用されない赤い1000形が本線を走りました。他にも、春にデビューした5000形を見ることも出来ました。

※世の中の出来事:ベイルートで大爆発。安倍首相が辞意表明。


<9月>

(活動なし)
連日の天候不順に加え、コロナがやや落ち着いたことで溜まっていた仕事に取り掛かる必要が生じ、9月はカメラを持つ機会がありませんでした。

※世の中の出来事:新生立憲民主党の設立。菅新首相が就任。


<10月>

【JR四国 気動車特急を一瞥】
コロナ禍が本格化してから初めての旅行は、思い切って高松を選びました。まずはJRの撮影からで、勢力縮小著しい2000系に加えて新型気動車などを撮り、四国を走る車両は大方一通り揃えることが出来ました。

【ことでん 京急カラー2種】
続いてメインイベントのことでんへ。ちょうど有志団体が京急時代の塗装に塗り替えた1200形が走り始めた頃で、前年の1080形と合わせて懐かしい電車を拝むことが出来ました。また今回は初めて志度線も訪れました。

※世の中の出来事:トランプ大統領がコロナ感染。アニメ映画「鬼滅の刃」が大ヒット。


<11月>

【京阪 旧型通勤電車のオンパレード】
夜の三条駅でお手軽に7両編成の通勤電車を撮影。引退間近の多扉車5000系はもちろん、所謂「卵型電車」と呼ばれる1960-70年代の古そうな車両をざっと一瞥。反面、今回はあまりJRを撮りませんでした。

【相鉄 時代は白から濃紺へ】
9000系に続いて8000系と10000系にもリニューアル車両が登場したので、早速足を運んでみました。いずれも原型が思い出せないほどの改造で、相鉄のラインナップも僅か数年前とは大きく様変わり。浦島太郎になった気分でした。

※世の中の出来事:大阪都構想が住民投票で否決。米大統領選でバイデン氏が当選。


<12月>

【西武 101系全色制覇】
白一色から一転して近年様々な塗装が施されるようになった西武101系の中で、最後まで未撮影だった近江鉄道カラーをカメラに収めました。多摩湖線からは来春撤退、その後の101系は多摩川線で細々残ることに。

【JR東日本 待望の新型電車】
遂に横須賀線に新鋭E235系が投入されました。大方の予想通り固定運用で、撮りにくい時間にしか走らないのかと思いきや、ダイヤ乱れで運用が崩れて案外早くカメラに収めることが出来ました。

※世の中の出来事:はやぶさ2が無事小惑星のサンプルを地球に持ち帰った。COVID-19のワクチンが欧米で摂種開始。



何度も書いていますが、今年は皆さんと同じく私もコロナ禍に振り回された一年でした。鉄道写真撮影は所詮趣味なのですが、趣味活動が大きく制限されるというのは思いの外苦しいものでした。地方の鉄道を幾つか見て回りたいと思いつつも、自らや家族の体調と感染拡大傾向に鑑みて大半を断念。しかし、秋に高松と京都へ足を伸ばせましたので、まだ良かったと思います。これらの旅行が無かったら、メンタルヘルスに相当な影響が出るところでした。
来年からは日本国内でもファイザー・モデルナ・アストラゼネカといった米英系ワクチンの接種が始まります。最近出て来た変異種に加え、東京五輪の存在という不安要素もありますが、何とかパンデミックが終息に向かい、一日も早くかつての日常に戻れることを心から祈っています。それまでの間は、皆様くれぐれもご自愛ください。

2020年の撮影を振り返って 前編

毎年恒例、1年間の撮り鉄活動を振り返る日が今年もやってまいりました。

言うまでもなく、2020年は異常な年でした。本来であればオリンピックとパラリンピックが開催され、それに合わせて鉄道業界も大いに賑わったはずでした。しかし、年明け早々に新型コロナウイルス感染症COVID-19が中国から世界へ広がり、日本においても外出がしづらい状態が続いています。
かく言う私もCOVID-19に振り回されまして、再びの渡英はもちろん断念、趣味の面でも活動を著しく制限されたため、昨年までに比べて収穫は非常に少なくなりました。とりわけ、例年は結構な撮れ高が見込めるはずの4月と5月に外出不能となった影響は大きかったです。そのような中でも僅かばかり写真を集めましたので、どうぞご笑覧下さい。例によって、2つのパートに分け、今日は1~6月分です。

昨年までの分:
2019年 2018年 2017年 2016年
2015年 2014年 2013年 2012年



<1月>

【相鉄 JRとの相互乗り入れ】
前年11月末に始まった相鉄とJRの相互直通運転。相鉄の車両が都内を走る姿は大変にインパクトがありますし、埼京線用のE233系が相鉄関連の表示を出すのもなかなか新鮮でした。しかし乗客数は低調のようで…。


【JR東日本 山手線E231系運転終了】
E235系の投入によって、2002年から運用されていたE231系が山手線での運転を終了。205系世代の私としては、E231系ですら未だに新しい車両という認識なので、月日が経つのは早いことを改めて実感しました。

※世の中の出来事:アメリカとイラン間で軍事的緊張高まる。英国が欧州連合から離脱して移行期間に入る。


<2月>

【江ノ電 300形試運転】
r-P1000833.jpg
江ノ電最古参の300形、その最後の1本が試運転を実施しました。大掛かりな検査は2017年に行なわれているので、今回は小規模な調整だったのでしょうか。いずれにせよ車体のみ塗り直されていました。

【JR東日本 越中島工臨の撮影】
ようやく重い腰を上げて、毎日のように走っているレール輸送列車を撮ってきました。DE10もそれなりの数がまだ残っているとはいえ、JR東日本では5年以内の全廃が見込まれることから、今のうちに見に行った次第です。

※世の中の出来事:クルーズ船ダイヤモンド・プリンセス号の検疫問題。米国とタリバンの間で和平合意。


<3月>

【JR東日本 東海道線特急列車の大変革】
E261系「サフィール踊り子」とE257系「踊り子」が営業運転を開始し、251系「スーパービュー踊り子」が運転終了。東海道線の運行形態は2021年3月のダイヤ改正にかけて大きな変化が続きます。

【京急 6つの駅名改称】
京急は一気に6駅の名称を変更。特に新逗子→逗子・葉山の改称は、各駅・車両の行先表示も書き換えたため、ちょっとした注目を集めることに。終焉間近の都営5300形も新しい行先を表示します。

※世の中の出来事:世界保健機関がパンデミックを宣言。東京五輪の延期が決定される。


<4月>

(活動なし)
緊急事態宣言が発令されたことで、外出しようという気は全く起きず。この時期に特に何か撮りたい被写体が走ったわけでもありませんでした。

※世の中の出来事:日本政府が緊急事態宣言を全国に発令。ジョンソン英首相一時重態。


<5月>

【JR東日本 埼京線・湘南新宿ラインの区間運休】
r-P1001255.jpg
渋谷駅再開発事業に伴う大規模工事が実施され、JR線でも区間運休が実施されました。神奈川県内からの列車は大崎行に変更され、相鉄12000系もさっそくイレギュラーな表示で運用に入りました。

※世の中の出来事:段階的に緊急事態宣言を解除。ジョージ・フロイド氏死亡による世界的な反人種差別運動。


<6月>

【京急 京成車の久里浜行】
平日夕ラッシュ時に運転されている、神奈川県内における京成車。夏至の前後には走行写真を撮ることが出来ますので、わざわざ2日に分けて3050形と3100形の両方をカメラに収めに行きました。

※世の中の出来事:中印がカシミールで軍事衝突。香港政府が国家安全維持法の施行を強行。




コロナの影響は甚だ大きく、加えて経済的にも少々打撃を受けたため、今年前半は南関東3県での活動に限定されましたが、その中ではまあまあ頑張ったと言えるでしょうか。
では、明日は2020年後半編です。ここで少しは巻き返せたかな…?
プロフィール

KHKQ

Author:KHKQ
横浜→東京→多摩→倫敦
広く薄く撮影中、一応古巣は京急
English

カテゴリ
JR (20)
検索フォーム
カレンダー
12 | 2021/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
アクセス数カウンター